特許情報  > Aセクション 生活必需品  > A45B:2012年


スポンサード リンク

傘に取付けられている房を切欠出来るように施し、切欠した両端が連結できる手段を設けることにより、フックや釘がないところや、手擦り等の閉じられたところでも、連結されている両端を一時的に切欠し、掛けようとするものに切欠した両端のどちらかを通し、その後切欠した両端を連結することにより、掛けることが出来るようになる傘の房。

スポンサード リンク

傘に取付けられている房を切欠出来るように施し、切欠した両端が連結できる手段を設けることにより、フックや釘がないところや、手擦り等の閉じられたところでも、連結されている両端を一時的に切欠し、掛けようとするものに切欠した両端のどちらかを通し、その後切欠した両端を連結することにより、掛けることが出来るようになる傘の房。

スポンサード リンク

【図1】
傘に取付けられている房を切欠出来るように施し、切欠した両端が連結できる手段を設けることにより、フックや釘がないところや、手擦り等の閉じられたところでも、連結されている両端を一時的に切欠し、掛けようとするものに切欠した両端のどちらかを通し、その後切欠した両端を連結することにより、掛けることが出来るようになる傘の房。 - 特開2012−35025【図1】


【図2】
傘に取付けられている房を切欠出来るように施し、切欠した両端が連結できる手段を設けることにより、フックや釘がないところや、手擦り等の閉じられたところでも、連結されている両端を一時的に切欠し、掛けようとするものに切欠した両端のどちらかを通し、その後切欠した両端を連結することにより、掛けることが出来るようになる傘の房。 - 特開2012−35025【図2】


【図3】
傘に取付けられている房を切欠出来るように施し、切欠した両端が連結できる手段を設けることにより、フックや釘がないところや、手擦り等の閉じられたところでも、連結されている両端を一時的に切欠し、掛けようとするものに切欠した両端のどちらかを通し、その後切欠した両端を連結することにより、掛けることが出来るようになる傘の房。 - 特開2012−35025【図3】


【図4】
傘に取付けられている房を切欠出来るように施し、切欠した両端が連結できる手段を設けることにより、フックや釘がないところや、手擦り等の閉じられたところでも、連結されている両端を一時的に切欠し、掛けようとするものに切欠した両端のどちらかを通し、その後切欠した両端を連結することにより、掛けることが出来るようになる傘の房。 - 特開2012−35025【図4】


【図5】
傘に取付けられている房を切欠出来るように施し、切欠した両端が連結できる手段を設けることにより、フックや釘がないところや、手擦り等の閉じられたところでも、連結されている両端を一時的に切欠し、掛けようとするものに切欠した両端のどちらかを通し、その後切欠した両端を連結することにより、掛けることが出来るようになる傘の房。 - 特開2012−35025【図5】


【図6】
傘に取付けられている房を切欠出来るように施し、切欠した両端が連結できる手段を設けることにより、フックや釘がないところや、手擦り等の閉じられたところでも、連結されている両端を一時的に切欠し、掛けようとするものに切欠した両端のどちらかを通し、その後切欠した両端を連結することにより、掛けることが出来るようになる傘の房。 - 特開2012−35025【図6】


【図7】
傘に取付けられている房を切欠出来るように施し、切欠した両端が連結できる手段を設けることにより、フックや釘がないところや、手擦り等の閉じられたところでも、連結されている両端を一時的に切欠し、掛けようとするものに切欠した両端のどちらかを通し、その後切欠した両端を連結することにより、掛けることが出来るようになる傘の房。 - 特開2012−35025【図7】